「おひさま」の陣営をありがたく察する

いつでも、如何なるタイミングも、毎日顔つきをみせてくれる「おひさま」ですが、寒い季節になると、その「ありがたみ」をつくづく感じます。

そのときのおウエザーによっては、灯が深くないこともありますが、けれども、雨戸を閉めきっていない以上、電気を垂らしなくてもくつろげるのが強敵だ。
かえって、寒い季節になると、お快晴日光が少なくなりますが、その分、「おひさま」をまぶしく、そうして、温かく感じます。

ボクは、南専用のルームを職種ルームに、北専用のルームを寝室としていますが、気温差は歴然とするのがわかります。
ですから、灯が十分すぎるほど挟む南向けのルームは、冬季はヤバイ重宝しています。

逆に、夏季の暑さには閉口しますが、その代わり、暑さが真盛の時機は、北専用の寝室で昼寝を通じてチャンス調整するシルエットだ。

けど、このように極秘をいうのは、惜しい話ですね。
「おひさま」が顔つきをみせてくれることには、寧ろ、御礼しないといけないのです。
また、発電したり、お湯を沸かしたりして、節電に貢献して取れることにも御礼!サンキュー。まだまだ未解明だけど、やっぱり水素水は、すごかった。詳しくはこちら。